銀座比内や

logo2.png

logo2.png

〜比内地鶏〜

比内鶏と比内地鶏


比内鶏を父方にロードアイランドレッド種を母方にした一代雑種です。
父方の比内鶏は、縄文時代から秋田県の北部比内地方(現在の大館市比内町及び大館市の一部)に存在していた地鶏で、昭和17年に純粋な日本地鶏と認められ、国の天然記念物の指定を受けています。
比内鶏の最大の特徴は肉質のよいことで、その味はキジやヤマドリのような風味と香味を持っていて、噛むほどに味とコクが際立ちます。
しかし、愛玩用、観賞用として飼育されてきたため小型で、産肉性や肥育性肥育など実用面での能力が低いこと、また天然記念物の指定を受けている事から、昭和49年度より比内鶏本来の肉質に重心をおいた上記の組み合わせの【比内地鶏】が生産されております。
比内町では町と生産組合がタイアップし、昔ながらの【放し飼い】で育てるという一番手間のかかる方法で日本一の肉質造りに取り組んでいます。









image(1).jpg


image(2).jpg

飼育方法

初生から30日齢頃までは、保育器の中で飼育し、放牧場内の簡易鶏舎で一週間程度飼育した後、120日以上【放し飼い】とします。トータル160〜180日(地鶏では日本一長期飼育)放牧場は転作田を利用したクローバー主体の草地で1,000羽あたり1500㎡を基準とし、外敵の侵入を防ぐため外周には防鳥ネットやフェンスで囲われています。
【平飼い、放し飼い】
放し飼いはベストな方法ですが、手間と経費がかかるため、他ではあまりやられていないのが現状です。




image(3).jpg